内容

データベースの操作



この機能は、File メニュー内のDataBase アイテムを通して利用できます。逆コンパイルの結果を別のファイルに保存することが可能となります。将来的に逆コンパイルの結果をより迅速にロードするのに便利でしょう。

プログラムの分析に戻るときまたはこれらの結果を配布する必要がある場合、再度プログラムの逆コンパイルを行う必要ありません。完全な逆コンパイルを使用する場合(高速逆コンパイル機能がオフになっている)、このプロセスは、多くの時間かかる場合があります。以前の逆コンパイル結果をデータベースに保存することがより有用です。

VBデコンパイラ データベースの内部パック形式を使用します。データベースのサイズがより最適化されます。データベースは下位互換性があります。新しいバージョンのVBデコンパイラにおいて古いデータベース形式のデータベースを開くことができないというリスクなしにストア情報の可能性を提供します。



Main     News     Products     Documentation     Articles     Download     Order now     About us