内容

パッチデータ



逆コンパイルコードと共にHEXエディタ、メインウィンドウからアクセス - VBの逆コンパイラでバージョン9.4から始まるファイルの編集のためのはるかに強力なツールを構築されています。 HEXエディタでは、バイトやブロックなどのファイルを編集することができますし、仮想アドレスだけでなく、オフセットへのジャンプをサポートしています。そこにコピーがあり、データを貼り付け/リドゥ機能を元に戻します。 この図では、PatcherVB Decompilerの新バージョンから除去されます。

多くの場合、コードを分析した後に、そのコードの一部を変更する必要があることが起こります。随時、コード分析をするためにVBデコンパイラを使用します。時に、コードの一部だけを変更する必要があることが判明します。このためには、HEXエディタを実行し、特定のバイトを変更します。便利なように見えませんか?  しかしこれからは違います。VBデコンパイラに最初から備わっている、特殊な機能である、パッチャーを使用可能です。メニューTools -> Patch dataにあります。

パッチャーのウィンドウは以下のとおりです。:

Help13

パッチャーで動作させることは非常に簡単です。仮想アドレスフィールドの編集したいバイトのアドレス入力してEnterキーを押すか、 Getボタンをクリックしてください。"Data"フィールドの指定されたアドレスの近くにあるバイトがわかります。そして指定されたバイトデータを編集できるようになります。 その後、Setボタンをクリックすると、指定されたバイトが変更されます。

プログラムオプションFast decompilationオプションにチェックを入れ、Cache decompiled codeオプションのチェックを外すとパッチャーのウィンドウを閉じた後にすべての変更は、編集されたバイトデータの関数に適用されます。このため、ツリー内のその名前をダブルクリックすることで機能を再度開きます。

重要: この機能は、独自のプログラムを変更し、アンチウイルス研究室での有害なコードを解析することを目的としています。サードパーティ製のソフトウェアのコードを変更する前に使用許諾契約をよくお読みください。



Main     News     Products     Documentation     Articles     Download     Order now     About us