内容

逆アセンブラ



これらのオプションはネイティブコードを逆アセンブルするためのものです。:

Help9

Relative jump offsetはジャンプアドレスの代わりに相対ジャンプオフセットを設定します。

つまり、文字列:

loc_00401010   jmps 00401012

が以下の様に変換されます。:

loc_00401010   jmps $+1

他に、$がフローティングコマンドの末尾のアドレスであることを考慮に入れる必要があります。

コードをより視覚的に確認するには、このオプションを無効にする必要があります。

 

Add Addressはアセンブルされた文字列の前のアドレスを示しています。コードを調査するとき、このオプションを有効にすることをおすすめします。またアドレスが、アルゴリズム自体としてそれほど重要でないときは無効にします。他に、このオプションを無効にした場合、よりビジュアルなものにするためRelative jump offsetオプションを有効にします。アルゴリズムを調査するため快適にリストを生成します。

 

Add HEX Dumpは各コマンドの前のマシンコードを示します。HEXエディタでの解析後にexeファイルを修正する必要がある場合にのみ役に立つかもしれません。



Main     News     Products     Documentation     Articles     Download     Order now     About us