内容

アドレスからの逆コンパイル



Tools メニューにある非常に便利な機能です。アドレスからの逆コンパイル。この機能の主な特徴-それは逆コンパイルされたファイルが正しい構造体を持っていて、標準のツールを使用して逆コンパイルできたことが必須ではないことです。

コードの任意の部分を逆コンパイルする必要がある場合は、ネイティブコード/.NETのための任意の部分の仮想アドレスまたはP-Codeのためのプログラム情報構造体の仮想アドレスを設定する必要があります。プログラム情報構造体はコードで使われるデータ配列のアドレスを持ちます。このデータ配列なしでは、関数のコードだ動作し、文字列からそれがポインタを持っているかについて定義することは不可能です。.Netで作業する場合、アドレスを入力した後、VBデコンパイラはMS ILのようなコードの一部の逆コンパイルまたはコードの一部の逆アセンブルを提供します。.Net は、MS IL(マネージコード)とネイティブコード(アンマネージコード)の両方を含めることができます。

ファイルがVBデコンパイラで開かれている場合、"オフセットから逆コンパイル"をクリックし、コードのアドレスに設定するだけで十分です。ファイルがオープンされていない場合は、VBデコンパイラは自動的にそれを行います。またファイルは、簡単なモードでオープンされます。

コンパイルを必要とするコードが自動的に行うことができない場合、この機能は非常に便利です。さらに、ファイルが破損したとことで、標準のツールを使用して逆コンパイルすることができない場合も非常に便利です。



Main     News     Products     Documentation     Articles     Download     Order now     About us